カンジダの薬

カンジダの薬/膣カンジダの再発予防と治療法を知りましょう。

カンジダの薬・膣カンジダ

カンジダと言っても口や手足に発症するものもありますが、一般的に免疫力の低下(ストレス、疲労、病後 など)により、カンジダ菌が増殖し痒みや腫れを引き起こします。

 

特に、女性の5人に1人は膣カンジダの経験があると言われるほど、女性にとってはポピュラーな病気なんです。

 

膣カンジダはいわゆる「性病」ではなく、セックスの経験の有無にかかわりなく発症するんです。

 

男性器と違い女性器である膣は身体の中にあるため、カンジダ菌の増殖を促す温度と湿度の環境が整っているからなんですね。

 

カンジダ菌はいつも身体の中に存在するため、「常在菌」と呼ばれています。

 

カンジダの薬

 

その「常在菌」であるカンジダ菌が、疲れやストレス、病気などによって免疫力が低下すると増殖してしまうんです。

 

また、病気の治療などで抗生物質を使用すると、カンジダ菌の増殖を抑える役割の菌まで退治してしまうため、カンジダ菌が増殖してしまう事があるんです。

 

生理前のようにホルモンバランスが崩れた場合などにも、カンジダ膣炎になり易い傾向にあります。

 

膣カンジダの症状としては、何と言っても外陰部の痒みでしょう。

 

痒みが酷過ぎて夜も眠れない場合もあるくらいなんです。

 

その他に、おりものの量が普段より多い、おりものの形状がヨーグルトやカッテージチーズ、酒粕のようになるなどの傾向があるんです。

 

膣カンジダは、非常に再発しやすい病気でもあるんです。

 

なので、膣カンジダを発症したと思ったら産婦人科を受診して専門家に診てもらいましょう。

 

痒みの原因が、膣カンジダではなくトリコモナスなどの性感染症の可能性があるかもしれません。

 

何の病気でもそうですが、おかしいなと思ったら、なるべく早く病院で受診し適切な治療を行う事が苦痛もなく病気を治癒できる方法なんですね。

 

膣カンジダに効果を発揮するカンジダの薬の詳細は次のページから詳しく説明していますのでご覧ください。

カンジダの薬・再発

膣カンジダの特徴の一つに「再発」があります。

 

何回も再発を繰り返して、慢性化してしまった女性も沢山います。

 

膣カンジダは、ちゃんと専門の病院に通院してしっかり治療を受けても再発してしまう厄介な病気なんですね。

 

何度も膣カンジダを繰り返していると、薬に対する耐性をカンジダ菌が持ってしまい、そのうち完治させることが難しくなることもあるんです。

 

膣カンジダから完全に解放されるためには、もちろん治療も効果があるんですが、逆転の発想として膣カンジダになる前に予防策を取って水際で膣カンジダを防ぐ事を考えましょう。

 

カンジダ菌が増えやすい環境は「高温多湿」が条件ですが、まさに女性の膣の中や外陰部は体温や汗などによって「高温多湿」になり易い環境にあるんです。

 

なので、局部を蒸らさずに清潔に保つことが大切になってきます。

 

 

下着は小さいサイズや締め付けが強いものをやめて、ゆったりサイズの綿100%のものを選びましょう。

 

特に、仕事をしている女性はストッキングを履くことが欠かせませんがが、パンツタイプのスーツにしたり、家に帰ったらすぐに通気性のよい服に着替えるなどして、なるべくストッキングが肌に接する時間を短くしましょう。

 

生理中は特に蒸れやすい状態になるため、できれば紙ナプキンよりも通気性のよい布ナプキンがおすすめです。

 

洗濯の手間はかかりますが、肌に優しく空気を通しやすいので、カンジダ菌の繁殖を防ぐことができるんです。

 

また、局部を洗いすぎてしまうと、膣内の自浄作用が低下してしまうので、お風呂でゴシゴシ洗ったりビデを使用しすぎないといったことにも注意が必要です。

 

普段から免疫力を高めておくことも非常に大事です。

 

免疫力が低下すると、カンジダ菌が増えやすくなるので、食事や睡眠などに十分注意を払いましょう。

 

玉ねぎやにんにくは免疫力を高める野菜と言われているので、積極的に料理に取り入れましょう。

 

「膣カンジダにならないように免疫力を高める」これがキーポイントになります。

 

再発を防止する効果のあるカンジダの薬をもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にしてください

カンジダの薬・通販

カンジダを治療する薬は、ジェネリック薬を含め多数発売されていますが、まず最初は病院に行ってしっかり検査を受けて、カンジダと判断されたら医師が処方する薬を使用して下さい。

 

その後は、インターネット通販を利用してジェネリック薬を購入すれば、経済的です。

 

 

病院に行くと、診察料、検査料など諸々の出費が重なってしまいますよね。

 

特にカンジダは、長期間にわたって薬を使い続けなければならないため、健康保険が使えたとしても結構な額になってしまいます。

 

ただ、インターネットの通販を利用する際に、気を付けなければならない点がいくつかあります。

 

最も注意が必要なのが「ニセモノ」の薬を買わされてしまう事です。

 

インターネット上に出回っている薬の、80%が「ニセモノ」であるという調査結果もあるくらいなんです。

 

ネット販売の怖い所は、あくまでも「自己責任」で購入しなければならない事なんです。

 

なので、「ニセモノ」かいわゆる「正規品」かの区別が出来る知識を身に付けなくてはいけないんです。

 

間違って購入したとしても、87.7%の人は自分が購入した物は「ニセモノ」ではないと思っているそうなんです。

 

最も簡単な見分け方は、「極端に安い価格」で販売されているものはほぼ「ニセモノ」であるという事なんです。

 

ジェネリック薬品が安いと言っても、最低限の経費は掛かる訳で、極端に安い価格を付けることは出来ないんですね。

 

また、「ニセモノ」は不衛生で劣悪な環境で製造されているケースが多いので、身体の中に入って思わぬ副作用を引き起こす危険性もあるんです。

 

いくつかのサイトを比較して、「正規品」を扱っている業者から購入しましょう。

 

通信販売で簡単に手に入るカンジダの薬を通販で購入したい方はこちらを参考にして下さい

カンジダの薬・免疫力

免疫力が落ちた時にカンジダを発症すると言われています。

 

免疫力とは、病原菌やウイルスなどの外敵の侵入を防いだり、 体内にできた害をもたらす細胞を除去するというすばらしい自己防衛機能のことなんです。

 

私たちの身のまわりには有害な細菌やウイルスなどがウヨウヨしているんです。

 

そのような中でも健康を保っていられるのは、免疫システムのおかげなんです。

 

 

免疫システムは、細菌やウイルスが体内に侵入したり、がん細胞が発生したりしたことを感知したら、それを攻撃して死滅させ、体外に排出するすばらしいシステムなんです。

 

この免疫システムの中心的存在が、血液中の白血球なんですね。

 

白血球はマクロファージ、顆粒球、リンパ球に分類されますが、特にリンパ球の働きがすごいんです。

 

リンパ球は、ふだんリンパ節で眠っているので、異物を攻撃するまでまで時間がかかりますが、自分の中から接着分子を出して異物をとらえて処理する働きがあるんです。

 

ケガをしてできる膿や、風邪をひいたときに出る鼻水は、異物を分解した白血球たちの死骸なんです。

 

また、リンパ球は一度処理した異物を「抗原」として記憶するんです。

 

そのため2度目の侵入のときはスピーディーに攻撃態勢に入ることができて、発病せずに済むんです。

 

ただし、いつもこの免疫システムが100%機能していればいいんですが、ストレスや疲労、精神的なプレッシャーなどによって、免疫力が低下してしまう事があるんです。

 

24時間体制で私たちの身体を監視して、常に病原体からカラダを守ってくれている免疫システムを機能させるためには、私たちが普段から免疫力を低下させない生活を送ることが重要なんです。

 

健康的な生活を送るための、運動、食事、睡眠などをしっかりして、ストレスを溜めないようにしましょう。

 

免疫力が低下した場合に効果のあるカンジダの薬を詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい

カンジダの薬・リーキーガット症候群

最近、カンジダ膣炎などの原因の一つに「リーキーガット症候群」があると言われるようになりました。

 

あまり聞き慣れない「リーキーガット症候群」とはどんなものなんでしょうか。

 

簡単に説明しますと、腸の内壁をつくっている細胞がストレスなどで壊され、腸の粘膜が薄くなったり、破れてしまい、本来腸から吸収されるはずのない腸内で発生した毒素や腸内の細菌まで血液中に入り込み、膣カンジダなど身体の不調につながってしまう症状を言います。

 

「腸が漏れやすくなった状態」などと表現されることもありますね。

 

カンジダ膣炎をはじめ、アレルギー疾患、慢性疲労症候群、関節炎、その他ありとあらゆる疾患の根底にはリーキーガットがあるといわれているんです。

 

私たちの身体は結構デリケートで、タンパク質や、40種類以上のビタミン・ミネラルや不可欠脂肪酸のような必須栄養素がしっかり体内に運び込まれ活用されなければ、体が何らかのトラブルを起こしてしまうんですね。

 

なので、腸がしっかり本来の機能をはたして、体に悪影響を与えるバクテリアや真菌などを防ぐバリアの役目が出来ないといけないんです。

 

アトピーのようなアレルギー症状も、アレルゲンとなる食品の、牛乳、卵、大豆のビッグスリーだけに目を向け、これらを除去することがアレルギー治療と思われている面がありますが、最近は「リーキーガット症候群」もアレルギーの大きな原因の一つと考えられるようになっています。

 

「リーキーガット症候群」を完全に治療する方法はいまの所ありませんが、体のバランスを崩す原因となっている胃腸の内壁をはじめ、臓器や組織の機能を回復させるために、細胞のつくり替えをサポートする栄養素が十分に必要なんです。

 

よく噛んで食べる、酵素豊富に含んだ食品を選んで食べる、食前に酵素サプリメントを摂取するなどを心がけることで「リーキーガット症候群」を予防する事が最善の治療法と言えるんです。

 

リーキーガット症候群によるカンジダの薬を知りたい方はこちらをご覧下さい

カンジダ検査

カンジダに限らず、性感染症は体に異常が現れる場合とそうでない場合があります。

 

性感染症の種類によっては自覚症状がないものも多くあり、誰かにうつしてから 相手が発症して自分が感染していたことがわかったというケースもあるんです。

 

とくにHIV(エイズ)などは発症までの期間が長く、自覚しにくい病気です。

 

また、 完治させることが難しい病気なので、不安な接触があれば早期に検査を受けることをお薦めします。

 

早期に検査を受けることによって、感染を早く発見できて進行を遅らせることが出来たり、病気を完治することが出来るんです。

 

検査には一般的に3つの方法がありますので、説明していきます。

 

1.病院での検査

 

泌尿器科、産婦人科、小児科、皮膚科などで検査が可能です。

 

病院の窓口で「性病の検査をしたい」と申し出れば検査をしてもらえます。

 

料金は、検査料以外に初診料や診察代がかかります。

 

病院で検査をすることの最大のメリットは、感染症が発見された場合、専門家によって最善の治療が速やかに行われることです。

 

2.保健所での検査

 

全国の保健所で性病検査が行われていることは、あまり知られていないようですが、基本的には検査費用は無料で自分の名前を告げることなく、匿名で検査を受けることができるんです。

 

ただ、検査はHIVの検査を中心に行われており、すべての性病の検査項目があるわけではないんですね。

 

また、保健所によって検査が行われている日や時間帯が異なっているんです。

 

検査は1〜2週間に1回、平日の昼間に行われることが多いようで、受けられる人数もきまっているようです。

 

3.検査キットによる検査

 

検査に必要な器具をセットにしたものが販売されており、この器具を使って自分で血液や粘膜の一部を採取し、これらを検査機関へ送ると性病感染の検査が行われて結果が通知される方法です。

 

検査キットもインターネットの通販で購入することが出来る手軽さもあり、最近特に普及してきた検査方法なんです。

 

検査をしてカンジダが発見された場合使用するカンジダの薬の詳細はこちらを参考にして下さい

トリコモナス

性感染症の種類に「トリコモナス」があります。

 

トリコモナスは原虫という小さな虫で、他の性感染症と違って若年層だけでなく中高年にも幅広く感染者がみられるんです。

 

最近の傾向として、性行動の盛んな若者に増えているようです。

 

トリコモナスは乾燥には非常に弱い一方で、水中では長時間感染性があるため、家族内での感染や便座、浴槽での感染が知られています。

 

トリコモナスの症状は男女で異なります。

 

女性の場合は、トリコモナスが膣内環境を変えてしまうために、自浄作用が損なわれて、その結果様々な細菌が発育増加することで特徴的な症状が現れることが多いようです。

 

代表的な症状としては、泡状の悪臭の強い黄色いオリモノが増え、外陰部、膣に強い痒みを感じるようになります。

 

男性のトリコモナスの場合には尿道や前立腺に感染して炎症をおこしますが、自覚症状はほとんどありません。

 

なので、気が付ないうちにパートナーに感染させてしまう事が多い傾向にあります。

 

潜伏期は6ヶ月以内と幅があり、感染していても症状が出ない人が20〜50%と言われています。

 

トリコモナスの治療としては、まず他の性感染症と同様にパートナーとの同時検査を受けます。

 

ピンポン感染を防止する意味からも、女性に感染が認められた場合には同時期にパートナーも治療することが原則なんです。

 

経口・膣座薬の投薬によってトリコモナス原虫が消失し、膣内の自浄作用が回復し、様々な症状が改善されます。

 

ここで気を付けなくてはいけないのが、治療中の飲酒なんです。

 

トリコモナスの内服治療薬はアルコール分解阻害作用があるので、治療中に飲酒すると、気持ち悪くなったり、アルコール中毒症状が出ることがあるためでなんです。

 

性感染症カンジダの薬の事をもっと知りたい方はこちらを参考にして下さい


ホーム RSS購読 サイトマップ